ライティング

文章構成の型、SDS法、PREP(プレップ)法、DESC法、IREP法

文書やプレゼンテーション等における構成方法には、SDS法、PREP(プレップ)法、DESC法、IREP法がある。構成方法を知り伝える力を磨こう。

2.SDS法
S=Summary(概要・要約)
D=Details(詳細)
S=Summary(全体のまとめ)
特徴
結論を繰り返し伝えたいを表現する汎用的に使える方法

2PREP(プレップ)法
P=Point(結論)
R=Reason(理由)
E=Example(実例・事例・具体例)
P=Point(要点・結論)
特徴
ストーリーを交える事で、説得力・共感力が増す方法

3.DESC法
D=Describe(描写する)
E=Express(表現する)
S=Specify(提案する)
C=Choose(選択する)
特徴
相手に納得してもらい、共感を得て信頼関係を築きたい時に使う方法

4.IREP法
I=Issue(争点・問題点を述べる)
R=Reason(理由)
E=Example(実例・事例・具体例)
P=Point(要点・結論 )
特徴
相手に議題や結論を考えさせたい時に使う方法

参照
書くのが遅く苦手だと思った時の思考法

-ライティング
-