介護

満足のできる介護施設もあると聞いた

初めて見学に行った介護施設は墓場のように感じた

それは、特老という施設だった

介護レベル4とか5とかの高齢者が入所している

初めて見かけた女性の入所者は、まるで死人のようだった

表情は暗く寂しそうで、まるで生きてるとは思えないような印象だった

こんなところには、母を入所させたくない

それが初めて介護施設を見学に行った時に感じたことだった

それから何件かの介護施設を見学した

自分で在宅介護をすることに限界を感じていたからだ

満足のできるような施設は、見つからなかった

ある日、地域包括センターの職員の人が訪ねてきた

その人は、以前見学に行った高齢者施設で働いていた看護師の人で、今は地域包括センターで働いているとのことだった

訪問の理由は、一人で在宅介護してるということだったので、気になっていたということだった

人情深い人もいるものだ

その人から、居心地の良い介護施設を探して満足のできるところ見つけた人もいると聞いた

-介護