介護

在宅介護では、食欲を落とさないように苦心する

薬の副作用で、食欲が落ちる

常用してる薬は、プラビックス、ディオバン、半夏白朮天麻湯

半夏白朮天麻湯は、初めて脳梗塞を起こし入院して退院後ずっと飲んでいた

この薬は、水分循環を改善する薬なのだが胃の調子が悪くなるようだった

胃の調子が悪くなるとタケプロンと言う胃酸を止める薬を飲む

タケプロンも2週間ほど、飲み続けると下痢をする

胃酸を止めると胃で、雑菌を殺菌できないからだ

寝てる時間が長いと、胃酸が逆流することもあるようだ

逆流した胃酸で、喉の調子が悪いせいか、カレーとかキムチなど刺激のあるものは食べたがらない

耳鼻咽喉科で麦門冬湯を処方されたこともある

麦門冬湯に含まれる生薬の半夏は、胃の水分を少なくし胃液の逆流を防ぐ、また、生薬の麦門冬湯は喉の調子を整えるのに効いた

食欲が落ちると、あまり元気がなく、ちょっとしたことで体調が悪くなる

毎食、生野菜、ヨーグルトを食べるように心がけた

生野菜は、食物酵素で消化がスムーズになるように

ヨーグルトは、乳酸菌で腸の調子が良くなるように

強力わかもとを砕いて粉にして、オブラートに包んで飲ませることもある

強力わかもとに含まれる消化酵素を生み出す麹菌「​アスペルギルス・オリゼー」も食欲不振に効くようだ



-介護
-