人生 介護

人生を支えるパートナー

在宅介護を一人で行うの負担が大きい

介護度が高くなると疲弊してしまう

母が圧迫骨折を起こして動けなくなって、病院へ救急車で運ばれた時のことだった

対応した医師は、入院している間に、母のために介護施設を探すように私に勧めた

私は医師の目に、とても疲れているように映ったのだろうか

一人での在宅介護は、しんどい

パートナーがいて二人で母の面倒を見るのであれば、状況は違うかもしれない

人生というのは、何かと一人で生きていくには不都合なことがあるものだ

パートナーを探さなくてはいけないと思った



-人生, 介護