介護

病気や薬についての知識の集め方

必要な情報は、ネット検索で十分得られる
どういうキーワードで検索するのが一番効果的なのかということがポイント

検索エンジンに入力するキーワードついて例は下記の通り

病気について

”病気名”+”ガイドライン”で検索する

コンテンツとしては、○○学会の資料がまとまりがある

例)
”骨粗鬆症”,”ガイドライン”で検索した場合
・日本骨粗鬆症学会のホームページが出てくる
・”骨粗鬆症の予防と治療のガイドライン2015年版”というPDF があるので、ざっと目を通してどういう治療がされるか把握する。

薬について

”薬の名前”+”添付文書”で検索する

例)
”ランソプラゾール” で”添付文書”で検索する
製薬会社名「日医工」「サワイ」「武田テバ」・・・の添付文書が出てくる

・効能・副作用・禁忌薬を確認する
・気になることがあったら添付文書に記載されている製薬会社に問い合わせてみる

開発された薬の歴史を調べる

・漢方薬から始まって現在では、現在どんな薬が治療に使われているのかということもポイント

○○○○年、薬名○○○○
○○○○年、薬名○○○○
○○○○年、薬名○○○○

という年表で薬の開発の歴史が分かるサイトは、参考になる

担当医に聞いてみる

例)
h2ブロッカーとPPIは、どう使い分けているのか?
リパーゼAP6とリパーゼAP12の効き方は、どう違うのか?

このような質問に納得できる返答ができる医師なら主治医をお願いする価値がある

-介護